政治・経済・社会・歴史

フレキシキュリティ政策とは何か―解雇されても安心な社会システム

以前にこんな記事を書きました。 社会支出の比較―日本と北欧 - パンダのぼやき 主に社会支出(≒社会保障支出)について、日本と北欧を比較しながらまとめたものです。ポイントとしては、 ・社会支出は日本より北欧のほうが大きい ・社会支出の内訳を見ると、日…

社会支出の比較―日本と北欧

以前にこんな記事を書きました。 国民負担率の比較―日本と北欧 - パンダのぼやき 北欧の国民負担率は高い、税負担を重視しているというような負担を中心とした内容です。今回は受益(主に社会保障)についてまとめていきたいと思います。 社会支出とは何か 社…

国民負担率の比較―日本と北欧

金融関係の勉強が一息ついたので、今回は私の卒論関係でいくつかまとめたいと思います。その第1弾は国民負担率の比較にします。 国民負担率とは何か 国民負担率とは、国税と地方税を合わせた租税額の国民所得に対する負担率(租税負担率)と、年金など社会保険…

デフレ下の金融政策の議論―リフレ派とリフレ反対派の主張

以前に金融政策の波及過程に関する記事をまとめました。 金融政策の波及過程―ケインジアン・アプローチ - パンダのぼやき 金融政策の波及過程―マネタリスト・アプローチ - パンダのぼやき 今回はこれらを念頭に置きつつ、今日の日本のデフレ*1の解決策として…

金融政策の波及過程―マネタリスト・アプローチ

以前は、金融政策の波及過程―ケインジアン・アプローチについてまとめました。今回はマネタリスト・アプローチについてまとめたいと思います。 マネタリスト・アプローチ(通貨量経由) マネタリスト・アプローチとは、リザーブ(準備)やそれに現金を加えたベー…

金融政策の波及過程―ケインジアン・アプローチ

以下を事前に読むと、理解がしやすいかと思います。 金融とは何か―出資・融資・通貨 - パンダのぼやき 金融とは何か―中央銀行の始まりと金融政策について - パンダのぼやき 金融とは何か―金融仲介機関について - パンダのぼやき 金融とは何か―金融市場・金利…

金融とは何か―決定者と金融政策の種類

以下の続きです。 金融とは何か―出資・融資・通貨 - パンダのぼやき 金融とは何か―中央銀行の始まりと金融政策について - パンダのぼやき 金融とは何か―金融仲介機関について - パンダのぼやき 金融とは何か―金融市場・金利について - パンダのぼやき 以前、…

金融とは何か―金融市場・金利について

以下の続きです。 金融とは何か―出資・融資・通貨 - パンダのぼやき 金融とは何か―中央銀行の始まりと金融政策について - パンダのぼやき 金融とは何か―金融仲介機関について - パンダのぼやき 金融商品と金融市場 以前に金融とは通貨の貸し借りもしくは提供…

金融とは何か―金融仲介機関について

金融とは、資金が余っている経済主体からそれを必要としている経済主体への資金の流れだと説明しましたが、これを仲介するのが金融機関です。 金融政策が働く場 金融仲介機関には2種類あります。 1、預金取扱金融機関(例えば銀行) :預金を取り扱うことがで…

金融とは何か―中央銀行の始まりと金融政策について

以前はこんな記事を書きました。 金融とは何か―出資・融資・通貨 - パンダのぼやき 上記記事で書きましたが、両替商が発展して銀行となり、銀行が発行する預かり証が銀行券となります。しかし、こうなると銀行券が何種類も出回ることになるのですが、銀行ご…

金融とは何か―出資・融資・通貨

以前に、現代は金融が実体経済を規定している構造があるという旨の記事を書きました。 EUの金融取引税について―国境を越える資金にどう課税するか(導入)~金融のグローバル化について~ - パンダのぼやき 証券取引に対する課税―トービン税とは何か - パンダ…

ニューディール租税政策―留保利潤税とは何か

以前に、世界恐慌が発生した原因についてまとめました。 なぜ世界恐慌は起きたのか―世界恐慌から現代日本を捉え直してみる - パンダのぼやき 一言でいえば、生産に需要が追いつかなかったのではなく、需要が生産に追いつかなかったこと(過少消費)によって世…

なぜ世界恐慌は起きたのか―世界恐慌から現代日本を捉え直してみる

今回は世界恐慌の原因についてまとめたいと思います。この議論は現代と重ね合わせて考えることも可能なので、この時代を読み解くことも重要かと思います。 世界恐慌の発生 この原因として、2つの論点があります。 1、 独占・寡占化傾向…ミーンズ 2、 所得分…

証券取引に対する課税―トービン税とは何か

以前にこんな記事を書きました。 EUの金融取引税について―国境を越える資金にどう課税するか(導入)~金融のグローバル化について~ - パンダのぼやき 金融自由化―3つの要点と美人投票の論理 - パンダのぼやき 証券取引に対する課税への道筋―ミンスキー理論 -…

証券取引に対する課税への道筋―ミンスキー理論

以前にこんな記事を書きました。 EUの金融取引税について―国境を越える資金にどう課税するか(導入)~金融のグローバル化について~ - パンダのぼやき 金融自由化―3つの要点と美人投票の論理 - パンダのぼやき 簡単にまとめると・・・金融の自由化に伴い、金…

金融自由化―3つの要点と美人投票の論理

以前はこんな記事を書きました。↓↓↓ EUの金融取引税について―国境を越える資金にどう課税するか(導入)~金融のグローバル化について~ - パンダのぼやき “金融の自由化によって国際的な金融取引が飛躍的に伸び、金融危機が起こるようになってきた”というのが…

EUの金融取引税について―国境を越える資金にどう課税するか(導入)~金融のグローバル化について~

グローバル化に伴って、ヒトやモノだけでなく、カネも国境を越えるようになりました。それに伴い、金融危機も発生するようになりました。グローバル化自体は1970年代頃から始まっていたのですが、こうした国境を越えた移動にどう課税するのか?金融危機をど…

ワーグナーの経済論②―社会政策的課税という考え方

以前に、ワーグナーの経済論についてまとめました。 ワーグナーの経済論①―人間は自己利益を最優先する? - パンダのぼやき 簡単に復習をすると、ワーグナーの主張は、これまでの経済学の通説(自己利益を最優先するという行動動機)を批判し、人間の行動動機は…

ワーグナーの経済論①―人間は自己利益を最優先する?

以前はヘーゲルの考え方を踏襲・昇華させたシュタインの租税論についてまとめました。 シュタインの租税理論 - パンダのぼやき 今回はシュタインの議論を引き継いだワーグナーの経済論・租税論についてまとめたいと思います。 ワーグナーの生きた時代 …政治…

シュタインの租税理論

以前にこんな記事を書きました。↓↓↓ 有機的国家論―納税は「義務」という考え方 - パンダのぼやき 上記記事を簡単にまとめれば、「ドイツ的国家論は、全体利益あってこその私的利益であり、全体が損なえば個人も損なうという、運命共同体と捉えられていた」と…

有機的国家論―納税は「義務」という考え方

以前は「原子論的・機械論的国家論」についてまとめました。↓↓↓ 原子論的・機会論的国家論―納税は「権利」という考え方 - パンダのぼやき これと対照的な国家論が「有機的国家論」です。これについて、簡単な復習を踏まえながら進めていきます。 税金を納め…

原子論的・機会論的国家論―納税は「権利」という考え方

タイトルで???となる人も多いかもしれません。自分なりにできる限りわかりやすくまとめてみますので、少々お付き合いくださいませ。 まず、本記事の「原子論的・機械論的国家論」を理解するためには、ホッブズとロック、デカルトを理解する必要があります…

ホッブズとロックの国家論―租税という切り口から

以前にまとめたものと重複する部分もありますが、重要なところなので改めて書いておきます。関連記事はその都度リンクを貼ります。 ・租税とは何か ⇒その有力な答えは、ホッブズとロックによって与えられた。「国家が市民に提供する生命と財産の保護、この2…

インドの経済発展―IT産業とカースト制度

インドの経済発展が目覚ましいですね。これはつい最近に始まったことではありませんが、将来はGDPでアメリカと争うと言われるくらいですので、重要な国であることは確かです。そこで今回は、インドの経済発展について、カースト制度とITの関係からまとめてみ…

戦争と税金―戦争は税金の生みの親

タイトル通り、戦争と税金は切っても切れない関係にあります。先に大まかなポイントと流れだけ示しておきます。先にポイントを抑えることで理解が早まるかと思います。 ☆☆☆ 戦争→財政危機→国王の増税路線→議会権力(国民側)の強化→勢力を増した議会が分裂→新…

租税問題が国家を揺るがす―「家産国家」から「租税国家」へ

イギリスの市民革命史をたどると、租税がいかに重要な問題かということを痛感します。租税が重要な問題として捉えられるようになったのは17Cからなのですが、なぜこの時期だったのでしょうか。ここでキーとなるのが「家産国家」から「租税国家」への移行です…

どうしたら生活保護受給者は減少するか

これまでは、 生活保護制度の概要 - パンダのぼやき と なぜ、生活保護受給者は増大したのか? - パンダのぼやき についてまとめました。今回は、これらを踏まえた上で、生活保護制度に関する課題と対策について考えていきたいと思います。 これまでに検討し…

なぜ、生活保護受給者は増大したのか?

前回は生活保護制度の概要についてまとめました。 生活保護制度の概要 - パンダのぼやき 今回はそれを踏まえた上で、なぜ、生活保護受給者が増大したのか、について考えてみたいと思います。 ・生活保護受給者増大の背景 生活保護制度そのものの問題点だけで…

生活保護制度の概要

「生活保護2法が成立 不正受給の罰金増/事前支援に重点」『朝日新聞』 http://digital.asahi.com/articles/TKY201312060664.html?_requesturl=articles/TKY201312060664.html&ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201312060664 生活保護法が1950年以来の大幅見直…

「所得」概念と「租税」理論―アダム・スミスの経済学体系

前回はスミスがなぜ消費課税に反対したかを書きました。 なぜ、アダム・スミスは消費課税に反対したのか - パンダのぼやき 今回はスミスの考える経済学体系を理解することで、消費税に対する彼の考え方をより深めてみたいと思います。 ・スミスの経済学体系…

なぜ、アダム・スミスは消費課税に反対したのか

近年の日本の消費税引き上げ論争の参考になるかもしれませんので、まとめてみます。 ・スミスは消費課税反対論者 大まかな主張の要約: ①:個人の支払い能力に応じた課税を実現するためには、本来は所有または所得に応じて課税されるべき。しかし、消費課税…

土建国家の合理性―かつての公共事業は必要だった

土建国家とは、経済成長を前提としつつ、減税によって中間層を宥和するとともに貯蓄を増大させ、その貯蓄を財源にした財政投融資を活用して公共事業を行うことで地方への利益分配も可能にしたシステムと言えます。土建国家を考える上でのキーワードは、①公共…

クリントンはなぜ福祉の充実で選挙に負け、福祉の削減で勝ったのか

クリントン政権の直面した課題は、以前から続く「無保険者の増大」と「医療費の高騰」でした。これらを解決するための案として、①シングルペイヤー案②プレイ・オア・ペイ案③管理された競争の3案がありました。こうした論争の中で、①~③の折衷案となりました…

なぜトルーマン、クリントンは皆保険に失敗し、オバマは成功したのか

トルーマン政権時の国民皆保険の導入に失敗した要因としては、アメリカ医師会とウィティカー&バクスター社による公的健康保険反対キャンペーンが挙げられます。また、公的保険反対にとどまらず、民間保険拡大キャンペーンも行いました。更に労働組合すらも…

選挙制度について②

・J.S.ミルの比例代表制論 「代議制統治論」(1861):当時のイギリスが多数代表制で、大政党の候補者ばかりが当選していた。これを少数派の「事実上の選挙権の剥奪」として批判 ⇒「数に比例した代表」こそが「民主主義の第一の原則」であるべきと主張 そこ…

選挙制度について①

・選挙制度の「利害得失」論 選挙制度の議論においては、それぞれの制度に一長一短があり、ベストなものはないという議論になりがちです。 例)小選挙区制:政権が安定しやすい、死票が多いなど 比例代表制:死票が少ない、政権が不安定など ⇒だから両者を組…

アダム・スミスの生きた時代―なぜ分業を提唱したのか

前回はアダム・スミスが『社会的分業』を提唱したという記事を書きました。今回は、なぜスミスは分業を提唱したのか、について書きたいと思います。 ○スミスの生きた時代 ・18C、イギリス:『重商主義』が基本的な経済上の考え方であった。 ※重商主義…政府が…

社会的分業と市場の成立

経済学とは:みんなが豊かになるためにはどうすべきかを考える学問 その創始者とも言えるのがアダム・スミスで、みんなが豊かになるために分業を唱える ・未開社会から分業社会へ 未開社会:採集や漁労などで生活をし、余剰(蓄え)がない状態 →イメージとして…

税制の機能

税制の機能は主に3つあります。①公共サービスのための財源調達②所得の再分配③経済の安定化・景気調節機能です。①については、誰が、どの程度、どのように負担するかが重要となります。この点につき、利益説と能力説という二つの考え方があります。前者は、国…

スウェーデンモデルの変容

スウェーデンモデルとは、1951-76年のレーン・メイドナー・モデルに代表される、生産性の低い企業や産業部門を排除し、労働力を職業訓練により生産性の高い分野に移動させ、低インフレ率を維持しつつ完全雇用を実現する政策体系です。このような政策が体系化…

北欧諸国の財政システム―目標と制度設計

・財政健全化を実現している3つの理由 1)適切なマクロ経済運営や成長戦略による高い成長率 2)歳入基盤がしっかりしている 3)中期的タームで歳出をコントロールする法的枠組み 1) 企業の国際競争力を高め、高い経済成長を実現することが高福祉システムを維持…

スウェーデン―労働市場の特徴

特徴: ① 就労を促す社会的規範・社会保障制度 ② 高い労働組合の組織率を背景とした労使協約重視の労使関係 ③ 労働移動を促進する社会合意・仕組みの存在 ①:アルベツリーニエン(就労原則) ⇒社会保障制度の受益者に対して、必要な職業訓練や人材投資によって…

福祉国家の形成をめぐる諸理論

福祉国家の形成をめぐる議論として、①ウィレンスキーによる「社会経済視角」②コルピらによる「権力資源の動員」③エスピン・アンデルセンによる「連合の理論」が挙げられます。ウィレンスキーは社会経済視角から、社会保障支出の対GNP比が増大する要因を検討…

財政の機能と役割

現代財政の機能は、①資源配分機能②所得再分配機能③経済安定機能の三つに分けられます。①は経済社会の資源をどの程度まで公共部門に振り向け、また公共部門のなかでどのような用途に効率的に配分するかという機能です。民間部門における経済主体の活動には、…

財政民主主義

財政とは、国や地方自治体などの公共部門の経済活動のことであり、民間部門の財政とは区別されます。しかし、近代市民国家が形成される以前の絶対王政国家などでは、公的な財政と民間金融は一体でした。国王は公債を発行して民間金融業者から借金をし、政治…

財政の原則―民間との違い

財政とは、国や地方自治体などの公共部門における経済活動のことです。民間部門の企業や家計と同じように、財源を調達し、それをもとに投融資を行い、財産を所有し管理するというような経済活動を行っています。 民間部門の企業や家計との違いを指摘するとす…

北欧と日本の違い―国民負担率から見る社会システム

北欧の国民負担率についてまとめてみました。 国民負担率とは… 税と地方税を合わせた租税額の国民所得に対する負担率(租税負担率)と、年金など社会保険料の国民に対する負担率(社会保障負担率)を合計したもので、最終的に国民がどの程度負担しているのかを見…

北欧の失業給付

北欧の失業給付についてまとめてみました。 少し古いので、新しい制度になっていたら教えてください。 ○スウェーデン(2005) ・給付額は失業前所得の約80%、給付期間は約14か月 ○デンマーク ・給付額は失業前所得の約90%、給付期間は最大4年間 ※鈴木優美…

戦後から現在までの概観と時期区分―財政赤字の第2次累増期(1990-現在まで)

5-1 バブル崩壊から小泉政権まで 90年度当初予算で赤字国債依存度がゼロになって以来、これは93年まで継続しましたが、バブル崩壊後の長引く景気低迷を打開するために行われた大規模な財政出動などを背景に、94年以降は再び赤字国債を抱えることになります。…

戦後から現在までの概観と時期区分―財政再建期(1980-1990)

4-1臨調の発足とシーリング方式 一般消費税の導入に失敗したことを受け、政府は財政再建を増税以外の道に求めました。その第1が歳出削減であり、第2が不公平税制の是正です。とりわけ歳出削減に重点を置いた方向で、本格的な行政改革をスタートしました。 80…