読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、私はネットで発信しているのか

ひとりごと・コラム系


こんなエントリを読みました。


楽しいことが、話せない。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。



これを読んで、私がネットで発信している理由が明確になったというか、再確認できたので、それが鮮明なうちにまとめておこうと思います。



私は最近、無口だと周りに言われます。私自身も割と自覚しています。


では、どうして無口になったのか。以下を読んでハッとしました。

冒頭のできごともあって、僕は自分の結婚生活の話をこれまでより一層控えるようになった。
なかなか子供のできない人には、自分からは子供の話をしなくなった。
学歴を気にしている人には、母校や同級生の話をしなくなった。
仕事について触れたがらない人には、僕も自分の仕事の話をしなくなった。
おいしいご飯を食べたことも、会いたい人に会えたことも、面白い映画を見たことも、あまり話さなくなった。
そんなお金があっていいね、とか、時間があっていいね、とか思われるようなことはしゃべらないように努力している。


そうやって、僕はどんどん無口になっていった。


そしてこう続きます。


結局、僕自身は「自分が楽しいことをそのまま誰かに伝える」ことを、ほぼあきらめている気がする。
当たり前のことばかりで恐縮だけど、「楽しい」ことと「楽しんでもらう」ことは違うのである。


本当にそうだと思いました。私なりに言い換えれば、「自分が話したい」ことと「相手が話してほしい(相手が聞きたい)」ことは違うということです。


私は大学に入って社会科学を本格的に学ぶことになって、すごく楽しいと思いました。講義を聞いたり、自分で本を読んだりして、以前よりも「社会」というものがどんな風に動いているのか、これからはどうなっていくのか?などがわかるようになって(もちろん自分なりにです)、学ぶことがとても楽しいです。


そんなことを思い始めると、今度はその楽しさを人に伝えたくなりました。


「今の社会はこうこうこんな歴史を経て出来上がった。この流れから言えば、今後はこんな風になるんじゃないか?」みたいなこととか、「さっきの先生の話納得できた?俺は正直微妙だったんだけど」みたいなことを会話として伝えるわけです。


でも、そうした話を聞いた彼らの反応は素っ気ないものでした。「俺にはわかんないなー」「そもそも講義なんて聞いてないし」「出席のためだけにきたからな!キリッ」みたいな反応ばかり・・・。卒論だって、私はどんな論文を書いているのかが気になるのに、みんなの話題は「文字数をどう稼ぐか」みたいなちょっとズレた話ばかり。


そして次第に理解していきました。大半の学生にとって社会科学になんて興味が無く、私のようにワクワクしながら講義を聞いているような人のほうが少ないということに。バカ話ほうが好きな人のほうが圧倒的なのです。卒論なんてさっさと終わらせて、その後どう遊ぶかのほうが重要なのです。


どうせ話したって期待した返答は返ってこない。そうして私はだんだん無口になっていき、相手にもそういう印象を与えるようになったのだと思います。


もちろん、誰一人として聞いてくれないわけではなくて、本当に数人ですが、一緒に楽しんで話せる友人もいます。でも、数人だと、学んでいる学部が同じということもあり、似たような見解になりがちです。それじゃあやっぱり面白くない。


そこでもっといろんな人に話を聞いてもらいたい、もっと言えば社会科学的な話を楽しいと思える人たちと関わりを持ちたい、そして何より社会科学は生きる上で有意義だ!そんな風に思って始めたのがこのブログであり、関連サイトです。↓↓↓


アラエス -全ての人に学びの空間を-


ネットであれば、検索という過程を通じてブログを読んでくれたり、読者登録をしてくれて読んでくださるので、全く興味が無いという人たちではないと思います。それなりに共通した興味を持つ人たちが集まる場所がネットだと私は思っています。そして、反応も決して多くはないですがちゃんとありますし、何より優しいw


プロフィールでは思考の棚などと調子のいいことを言っていますが、本当のところは「リアルで聞いてくれる人がいないから、私に付き合ってくれる人いないかな~」という感覚です。


まとめると、リアルで私が楽しいと思える話を聞いてくれる人がいないから、ネットで発信することでそれを満たそうとしているという話です。これが私がブログをやる理由。


そのうち研究者でも目指してみるか。そんな力があるとは到底思えないけれど、そうすれば私にとって楽しい話がたくさんできそう笑
やりたいことリストの一つですね。


ということで、これからも私が楽しいと思える話に付き合える人は、今後ともよろしくお願い致します。

いずれは興味のない人を惹きつける力もつけたいなと思うけれど、今はまだ力不足です・・・